はじめに

本書は F#Suave.IO フレームワークを使用して アプリケーションを作成する方法についてのチュートリアルになっています。 内容としては、ASP.NETチームが作成した こちら の Music Storeチュートリアルに強く影響を受けています。 具体的にどういったアプリケーションになるのか知りたい方は リンク先をチェックしてみてください。

本チュートリアルの対象読者はASP.NET MVCに慣れ親しんだC#プログラマーや、 F#の実用的なアプリケーションを開発する方法を知りたい方です。 C#や.NETの経験が無い方でも意義のあるチュートリアルではありますが、 その場合には部分的に分かりづらいところが有るかもしれません。 ASP.NET MVCとC#で同じ機能を実装する場合でも、その書き方は時間とともに変化していきます。 なお、事前にF#を習得しておく必要はありません。 F#言語の基本的な概念についてはチュートリアル内で説明しています。 チュートリアルでは、Scott Wlaschin氏の素晴らしいWebサイト fsharpforfunandprofit.com をあちこちで参照しています。 このサイトにはF#に関する素晴らしい記事が多数掲載されています。

以降のほとんどの節では、その時点までに実装されたアプリケーションの ソースコードに対応するコミットへのリンクが直接記載されています。 これにより、アプリケーションの作成を追体験することができ、 曖昧な部分を振り返ることが出来るようになっています。

チュートリアルはVisual Studio 2013を前提としていますが、 もちろんお好みのIDEを使用していただいて構いません。

このチュートリアルに関するIssue(問題点)あるいはPull Request(プルリクエスト)があれば いつでも歓迎していますので、是非作成してください。 アプリケーションのコードは こちら 、 本書のコンテンツは こちら にあります。

results matching ""

    No results matching ""